佐藤走波の染付花鳥文・花瓶を買取致しました| 埼玉県さいたま市桜区町谷のお客様

さいたま市桜区で陶器・磁器の食器・花瓶等の出張買取 承ります

こんにちは。新年度4月を迎えまして世間では新しい生活がスタートされた方もいらっしゃることと思います。そのような晴れ晴れしい時季ですが、お隣の韓国では大統領が逮捕されるといった事態になっております。国のトップが逮捕され犯罪を追及されるなんて、日本ではちょっと考えられないことですね。

さて、県道79号線の戸田市美女木1丁目に店舗を構えるアース買取センターは4月のスタートも張り切って営業を開始しております!本日はさいたま市桜区町谷から60代の女性が、佐藤走波の染付花鳥文の花瓶や茶器等、計6点の出張買取を致しましたのでご紹介させて頂きます。

西浦和駅・武蔵浦和駅周辺で佐藤走波の花瓶・壷・茶器・皿等の買取なら お任せ下さい

今回お買取させて頂きました佐藤走波の走波焼の磁器は、幕末時に京都五条から招かれた陶工 臼井走波の染付磁器が高い評判を受けた事から走波焼と呼ばれるようになりました。明治時代に走波焼は衰退をして一度廃窯となりましたが、5代目佐藤走波が走波焼を再興させることで現代に蘇ります。

その後、6代目佐藤走波が伝統を継承しましたが、6代目が他界したことで走波焼は再度途絶えることとなりました。現在新しく佐藤走波の作品は生み出されることがなく、根強い愛好家はおりますのでアース買取センターでは佐藤走波の買取を絶賛強化しております!

今回お売り頂きましたお客様もやはり佐藤走波の作品がお好きでコレクションされていたとの事ですが、終活に向けて処分してしまおうと思われて今回出張買取のご依頼を頂きました。

さいたま市桜区周辺で花瓶や皿の骨董品の査定 アース買取センターにご用命下さい

さて、戸田市美女木はもちろんその周辺のさいたま市南区、さいたま市桜区、戸田市笹目からも来店、問い合わせが後を絶たない買取屋さん、アース買取センターでは著名な作家の陶器、磁器の買取はもちろん、海外の陶磁器メーカーの食器類の買取も積極的に承っております。

今回お買取の佐藤走波の作品の他にも、酒井田柿右衛門、板谷波山、今泉今右衛門、徳田八十吉等の作家の作品や海外の陶磁器ですとマイセン、ロイヤルコペンハーゲン、ヘレンド、ウェッジウッドといったブランド食器も喜んで買取いたしております

長年仕舞ったままになっている壷や花瓶や大皿などの骨董品や結婚式の引き出物でもらった洋食器などが御座いましたらJR西浦和駅、JR武蔵浦和駅から車で10分のアース買取センターにお気軽にお問い合わせ、ご相談下さい。

IMG_2449 -331-1png.png

にほんブログ村 その他生活ブログ 買取店へ
にほんブログ村

 

ブランド品の買取最新情報

武蔵浦和駅→バスで8分(美女木信金前)、北戸田駅→車で10分、西浦和駅→車で7分・査定無料!高価格買取!その場で現金買取!出張査定もいたします。

お見積、ご相談、大量買取、出張買取などお気軽にご相談下さい。

(通話料無料)048-423-2317
受付時間:10:00~19:00(木曜定休)
お問い合わせフォーム
店舗名称
アース買取センター戸田美女木
運営会社
株式会社コネクト
所在地
埼玉県戸田市美女木1-10-3
営業時間
10:00~19:00
アクセス
武蔵浦和駅→バスで8分(美女木信金前)、北戸田駅→車で10分、西浦和駅→車で7分
電話番号
048-423-2317
Eメール
info@kaitori-earth-toda.com

※ご来店の際は運転免許証、保険証、パスポート等、本人確認のできる資料をお持ちください。